営業ムダとりとは

働き方改革時代の「営業ムダとり」®とは?

営業部門のムダを排除し、効率化・合理化を進めることで営業生産性を向上させ、
働く人々をワクワクさせモチベーションを上げる。

働き手もよい企業もよいお客様もよい「三方よし」経営を実現することで社会全体をよくする取り組み。=働き方改革
売れる営業マンは「要領がよい売れない営業マンは「要領が悪い
この【違い】を徹底的に研究し、誰でもできる」・「どんな業界でも通用する」、そんなノウハウに体系化したのが「営業ムダとり」9つのメソッドです。

「営業ムダとり」のノウハウを学び、実践した企業の営業マンは本当にワクワク楽しく仕事をし、それがお客様しいては業界に波及しています。

今までの多くの実践事例の中の一部です。

  • 毎日の残業3時間と休日出勤が当たりだったが、たった1年で営業部門の残業時間が10%減った通信関連業(近畿地区)
  • 薄利多売に終止符を打ち、2年で売上20%アップ、営業利益5%アップした製造業(中国地区)
  • 営業部門の離職率が改善し、社員定着率とモチベーションがアップした卸売業(近畿地区)

はっきり言います。
他にも手法は一杯出回っていますが、最初に取組むべきは「営業ムダとり」をすることです。
どんな営業マンでも実践でき、組織で取組み、社員をワクワクさせるヒントが「営業ムダとり」にあります。

中小企業経営者が最初にすべきこと

「あなたはこんなことで悩んでいませんか?」

  • 働き方改革の何から着手したらいいのか?わからない
  • 売上が思うように上がらない、利益の確保が年々厳しくなっている
  • 自分も営業部門に介入するが、営業のことが分からないので細かく口出しできない
  • 営業改革をしたいが、やり方がわからない
  • 古参の幹部に逆らえない
  • 営業マンが育たない

このような悩みを抱えておられる中小企業の経営者は本当に多いのです。
しかし、相談する相手がいないのが現状です。

いまさら、「営業のことはわからない」と言えないですよね?
しかし、このような状態に陥っていても、今の時流に乗っかり働き方改革と称して「営業ムダとり」を通じて営業生産性の向上に成功している会社が増えています。

その手法が「営業ムダとり」9つのメソッドなのです。

「営業ムダとり」と聞くとイメージが沸きにくいと思いますが、簡単に説明すると、
売れる営業マンが直感的にやっている判断や行動のノウハウを、
「どんな営業マン」でも、「どんな業種業態」でも実践できるように体系化したものと考えてください。
私は3000社を超える企業の営業マン・営業マネージャー指導を行う中で、数多くの優秀な営業マンに出会ってきました。
おそらくその数は全国TOPクラスです。
そんな優秀な営業マンのノウハウを活かし、あなたの会社の営業部門の生産性向上を実現させます。

「営業ムダとり」3つのメリット

「営業ムダとり」を行うと会社経営の根幹である「3つのこと」がわかるようになります。
「3つのメリット」はおのずと手に入るのでムリなく自然に利益をあげていくことができます。

詳しく見る

「営業ムダとり」成功のための2つのポイント

「営業ムダとり」は、どんな会社でも応用できるメソッドです。
成功させるためのポイントはたったの2つ。

詳しく見る

「営業ムダとり」9つのメソッド

ムリなく自然に利益をあげることができるようになる「営業ムダとり」9つのメソッド。
売れる営業マンが当たり前にやっていることを体系化しノウハウにしているので誰でも実践することが可能です。

詳しく見る

 

\ 「営業ムダとり」ノウハウを手に入れる! /

「営業ムダとり」セミナー

\ 「営業ムダとり」ノウハウをメールで学ぶ! /

「営業ムダとり」メール講座

【記事のシェアをお願いします。】
PAGE TOP