営業ムダ取りノウハウ

待ったなし!本格的なテレワーク時代へ突入! 14号

新型コロナの変異株と見られる感染拡大が止まりません。
ゴールデンウイークも2年連続で「巣ごもりウイーク」になりそうですね。

誰が悪いとか、政策がどうか、とかいう前に、自衛をしなければなりません。
会社も家庭も自分自身も再度チェックをしていきましょう。

先日、とある講演を聞かせて頂き、参考になった内容があったので、
披露させていただきます。

経営の成功の秘訣は「駒(こま)」にある。
駒を回そうとするとき、大事なのは、「軸」と「回転」だと。
軸がブレている「駒」はうまく回りませんし、駒として成立しない。
軸がしっかりしていても、回転が充分でなければ、駒が自立しないし、うまく回りません。
美しく回転させ、駒の魅力を発揮するためには、「軸」と「回転」が必要なのです。

経営も同じです。
経営でいう軸は「理念」とか「信念」、「志(こころざし)」です。
回転とは、「事業の実践」つまり「PDCAサイクル」になります。

理念だけでは経営は成立せず、事業の実践が必要であり、実践を突き詰めるとPDCAサイクルを回すことにあると思います。

確固とした経営理念を掲げ、それを軸とした経営の実践、つまりPDCAを愚直に回し続けることが経営を成功に導く唯一無二な鉄則なのです。

次のGWに、この鉄則を自社や自分に落とし込み、チェックをされてはいかがでしょうか?
美しい駒のように、自社の魅力を充分に発揮しましょう。

さて、本格的なテレワーク時代に突入し、どのように「営業のやり方を変えるか」を2021年のブログシリーズでは解説しています。

今日はその19回目です。

是非、お読みいただき「変革のヒント」を得て「実践」してください。

53.ゴールに到達するための具体的なアクションを組み立てる
前回のブログで目標設定と先行目標ゴールを設定して取り組む重要性を説明しました。

ゴールを設定して目標に向けて取り組むのですが、中々上手く行きません。

ゴールに到達するための具体的なアクションを洗い出して、順番に並べてみましょう。

リストを作る

優先順位をつける

アタック先の数を確認する

アタックの手順を決める

スケジューリングする

情報発信するメール文書を書く

・・・・・・(つづく)・・・

アクションをする前に、こうやって手順を明確にするのです。
すると、何をやるのかが具体的に見えてきます。

これが「戦術」です。

さらに、戦術を実行する時に不足している事も明確に理解できます。

54.戦術が上手く進んでいるのか?チェックをする
PDCAサイクルの「C」=「Check」が検証にあたります。

P「計画」を立て、D「実行」した内容をC「Check」するのです。

先ほどの流れで、上手く進まない所はどこなのか?
予想以上に時間が掛かるのは、どの作業か?

冷静に分析して、課題になっている箇所の改善を試みるのです。自分自身で解決できないなら、他の人や部署の協力を求めても良いでしょう。

55.PDCAの「A」は「アジャスト」(Ajust)

先ほど述べた、課題になっている箇所の改善を試みる。それを実践する。これが「アジャスト(Ajust)」です。

アジャストがどれだけ多く行われるかが重要です。

上手く進まない箇所を改善するには、先に立てた戦術を立て直したり、最初から設計し直す必要があるかもしれません。

DをしてみてCをしてみることで、見えてくることがあるのです。

PDCAサイクルを確実に回せ!と言われますが、こうやって、定期的に検証以降の工程を回すことで、「駒」でいうところの「回転」が生まれるのです。
PDCAなくして「回転」なし

長くなったので、今回はこのあたりで。。。。

来週もお楽しみに。

DX営業オンラインセミナーのお知らせ

※画像クリックで詳細ページに遷移します。

書籍のお知らせ

※画像クリックで詳細ページに遷移します。

PAGE TOP