営業ムダ取りノウハウ

待ったなし!本格的なテレワーク時代へ突入!18

4月に入り新入社員さんが会社に登場したのではないでしょうか?

就職活動もコロナの影響を受け、様変わりしたようです。
私の娘が来年の新卒になるので、就活をやっていますが、WEBでの会社説明に始まり、1次面接などもWEBで実施となっています。
3次面接くらいで、ようやくリアル(実際にお出会いして)な面接になるようです。

これ、今の営業行為と似ているな!と私は思いました。
購買行為の初期段階はWEBやメールで済ませ、いよいよ本格検討と言う段階でリアルな説明とか商談になる。

これらの商行為が「常識になっていく」と考えるべでしょう。そして、これらの一連の流れの中で、他社と差別化していく取組が必要です。就活でも同じなのかもしれません。

そういうノウハウをお話するオンラインセミナーを開催していますので、話も聴けるセミナーに是非、お運びください。

セミナー詳細はこちらから
是非エントリー下さい。

さて、本格的なテレワーク時代に突入し、どのように「営業のやり方を変えるか」を2021年のブログシリーズでは解説しています。
今日はその17回目です。

是非、お読みいただき「変革のヒント」を得て「実践」してください。

 

48.顧客のよき体験を創造する

今も今後の将来も、営業の役割はこれにつきます。
顧客によき体験をして頂く

安かった、速かったというレベルの体験ではなく、今まで体験していなかった体験をどれだけ創れるか、が今後の差別化要素になります。

人的サービスでもいいでしょうが、本当の顧客のメリットを体感できることを基本に考えてみると面白いです。

「余分な工数を使わなくなった」
「画期的に便利になった」
「安全性が高まった」
「利益が増えた」

これらを実現できるビジネスモデルを作成することが、近未来に向けて重要なのです。

49.顧客が目指している真のGOALはどこか?

顧客のよき体験を創造するには、顧客のことを深く知ることが必要です。顧客に色々な質問をして、顧客の事を知ることが必要なのですが、その時に顧客のGOALは何なのか?

これらを聞くか、一緒に創ることをしてみて下さい。

数字的な目標ではなく、

「どんな企業になりたいのか?」
「社会に何で貢献したいのか?」
「他社とどこで差別化するのか?」

真のGOALを売り手が顧客と共に創るのです。これが、コンサルティング営業の最初にステップになるのです。

50.あなた(営業マン)がお手伝いすべきことは何なのか?
顧客をGOALへ導く為に、あなたがお手伝いすべきことは何なのか?顧客によき体験をしてもらう為に、あなたがお手伝いすべきことは何なのか?

これを考えて提案するのが、これからの時代に必要なコンサルティング営業の重要なエッセンスになるのです。

多くの営業マンが「売りたい商品やサービス」から発想しますが、「顧客から発想する」ことが、とても重要なのです。

長くなったので、今回はこのあたりで。来週もお楽しみに。

DX営業オンラインセミナーのお知らせ

※画像クリックで詳細ページに遷移します。

書籍のお知らせ

※画像クリックで詳細ページに遷移します。

PAGE TOP