営業ムダ取りノウハウ

待ったなし!本格的なテレワーク時代へ突入!17

3月も早くも残り2週となりました。早いですね。
首都圏の緊急事態宣言も解除となり、今後の感染拡大に細心の注意を払いつつ、経済や経営も実践していかなくてはいけません。

先週は沖縄県那覇市でセミナーを実施しました。
リアル参加で多くの参加者の皆さんにお会いでき、「営業ムダとり」について、一緒に学ぶことが出来て光栄でした。

今週は東京、オンラインとセミナーは続きます。
東京は久しぶりのリアル開催となります。既に50名を超える方々のエントリーを頂戴しております。
ありがとうございます。

コロナ禍において、「営業ムダとり」が注目されているという証だと思っています。

今、必要な方に私の取り組みを知って頂くことで、少しでも皆さんに良い影響が出れば、私も幸せです。
そんな思いで語り続けて行きたいと思います。

最近のセミナーでは、コロナ禍の後に到来する「DX時代に向けた」の変化について語っています。是非、ご来場、オンラインでのご参加をお待ちしております。

皆さんの会社でも破壊を伴うDXに取組む必要性が今後必ず出てきます。
その前に、まずは「営業ムダとり」に取組むのも一つの選択肢と思います。

そんな、話も聴けるセミナーに是非、お運びください。

コロナ時代の営業サバイバルセミナー!

https://survival-seminar.mudatori.jp/

DX営業の第一人者の「清永健一」氏とのコラボ企画です。
無料で参加可能です。が、それ以上のバリュー提供を保証します。是非エントリー下さい。

さて、本格的なテレワーク時代に突入し、どのように「営業のやり方を変えるか」を2021年のブログシリーズでは解説しています。

今日はその16回目です。
是非、お読みいただき「変革のヒント」を得て「実践」してください。

45.DXの推進の肝はここにある

「企業の目指すべき姿」の明確化、これがDX時代に勝ち残る企業の条件に
なります。

前回もお話したように、業界がどう動くかを見極めてアクションしてては遅いのです。

業界にさきがけて、地域で一番早く、「ファーストペンギン」になるために、
DXの先にどのような企業を目指すべきか?を考えることが重要になります。

ただし、今までの延長線上ではダメなのです。

46.新しく提供できる価値とは?何か?

DXの目的はIT化ではなく、ビジネス・業務の変革にあります。

ビジネスの変革を考えるとき、自社の提供できる新しい価値は何か?を考察
することが重要です。

当然ですが、顧客に提供できる「新たな顧客価値を創造する」ことが必要です。
その価値は現在実現できる価値ではなく、新たな価値をプラスすることが必須
となります。

全く異次元の、そして誰もが実現していない価値を創造すること。
DX時代なら出来ることを考えてみましょう。

47.ビジネス・トランスフォーメーション

そういう意味では、社会・産業のデジタル化を自社発信で実践することが必要になります。

業種・業界、事業に特化したITやネットワーク利用を考えるべきです。
これらを、ビジネス・トランスフォーメーションと呼ぶそうです。

言葉はどうでも良いのですが、そういう発想を今の段階から持ち、変革へ企業を誘うことが今、必要なことだと思います。容赦なく破壊される前に、自ら変革の「ファーストペンギン」になることが必要だと思いませんか?

長くなったので、この辺で終わりにします。来週もお楽しみに。

オンラインセミナー"テレワーク時代"に売上を伸ばす!「営業ムダとり」戦略のお知らせ

※画像クリックで詳細ページに遷移します。

書籍のお知らせ

※画像クリックで詳細ページに遷移します。

PAGE TOP