営業ムダ取りノウハウ

待ったなし!本格的なテレワーク時代へ突入!⑥

本格的なテレワーク時代に突入し、どのように「営業のやり方を変えるか」を2021年のブログシリーズでは解説しています。今日はその6回目です。
是非、お読みいただき「変革のヒント」を得て「実践」してください。



16.アタックしたが、反応が無い先を放置しない

前回号で、新規顧客より過去のコンタクト先へのアプローチが効果的と言う話をしました。

メールなどで情報提供し、オンライン集客モデルに乗せたいところですが、どうしても「すぐ」に購買行動に移ってはくれない顧客が大半です。

ここで重要なのは「継続」することです。

1,2回のメール送信で終わらせることなく、定期的に配信するのです。
ただし、メールリストから除外する手段も必ず明示することをお忘れなく。

17.オンラインセミナーにエントリーがあったら。。。。
エントリーの御礼メールは早めに自動返信で送るようにします。

さらに、セミナー開催の

1週間前
3日前
前日
当日の朝

と、リマインドメールを流しましょう。

セミナーの欠席率が下がります。

できれば、リマインドメールの中に、セミナーまでに考えておいて欲しい「課題」を出すと、受講者の緊張感も高まります。

18.オンラインセミナーだけではなく、展示会や動画配信も検討する

オンライン集客モデルの中で
・オンライン展示会
・動画訴求

は、今後の新規顧客獲得の重要なものになります。

展示会に出展するテーマや動画で説明する内容は、今回お話したようにオンラインセミナーで提供する内容を基に構成を検討するのです。
そして、展示会も動画も新規顧客向けに案内や配信する前に、過去のコンタクトを優先すべきなのです。

再度申しておきます、
新規顧客がバラ色に見えるでしょうが、既存のコンタクト先の方が手っ取り早いかもしれませんよ。

オンラインセミナー"テレワーク時代"に売上を伸ばす!「営業ムダとり」戦略のお知らせ

※画像クリックで詳細ページに遷移します。

書籍のお知らせ

※画像クリックで詳細ページに遷移します。

PAGE TOP