営業ムダ取りノウハウ

理想の営業マン像を創りなさい!

あのひとのようになりたい
こんな営業マンになりたい

まずは、これを決めることから始めましょう。より具体的な「像」をイメージして言語化して残すことが重要です。

何事も「目標」を掲げることが大事です。
営業の仕事も日々の雑多な業務の連続ですが、最終的に自分がなりたい「理想像」を掲げて仕事をしないと、仕事が作業になり、モチベーションも上がりません。

目標をセットすると、そこには現状とのギャップが見えるようになります。
このギャップがあると、人間は学習したり、ギャップを埋めようと努力するのです。

しかし、目標がないと、現状との「差」が明確になりませんから、ギャップが現れないのです。
すると、「何となくこの仕事をやっておけばいいか?」という風に、無意識になってしまうのです。

100m走で13秒を切るという目標を立てたら、今の自分の100m走のタイムを測りますよね?
例えば14秒だったとしましょう。
1秒短くするのに、どうすれば良いか?考えて練習やトレーニングをしますよね。

逆に、目標タイムを設定せずに「出来るだけ頑張って早く走ります」という意識で練習やトレーニングに臨むと、「コーチに言われたメニューを淡々とこなす」ということになりがちです。スポーツでも私生活でもそうだと思います。仕事でも同じように考えてみてください。きっと、あなたの人生が豊かなものになります。

序章はこの辺で。

【記事のシェアをお願いします。】
「テレワーク時代の営業のススメ方」オンラインセミナーのお知らせ

※画像クリックで詳細ページに遷移します。

「営業ムダトリ」オンラインセミナーのお知らせ

※画像クリックで詳細ページに遷移します。

PAGE TOP