営業ムダ取りノウハウ

三方よし!で自社の方向性を再定義しよう!

完全なる第二波に日本が飲み込まれかけていますが、今こそ、今までのビジネスのやり方が通用するのか?再点検をすべきと警鐘を鳴らしておきます。

では、どのように再点検をするか?原点に立ち返るべきです。

三方よし の精神で点検しましょう。

三方よし
「売り手よし」「買い手よし」「世間よし」

この3つの「よし」が成立しているか?
今後成立するか?

具体的に検証して、今後の企業の在り方や営業の進め方を検討すべきです。

まず、
「売り手よし」

今まで行ってきた活動が本当に「売り手に良い」という状況だったか?点検しましょう。

売っても利益が出ない
営業が忙しくしている割に儲からない
社員が疲弊している
給与が増えない

テレワーク時代の今、価値観が変わり、常識も変わる時代ですから、思い切って、社風やビジネススタイルを変革させるチャンスが到来しています。まずは、「負」の状態を一新させるべく、自社の向かうべき姿をきっちり決めましょう。

それが、「売り手よし」のものであるか?点検します。

そして、
方向性を決めたら、次に「働き方」「営業手法」「利益体質への変革」を行うのです。

利益が確保できないなら、販売チャネルを変えることや商流を見直すことも必要でしょう。
そもそもデジタル時代なんだから、営業マンが「訪問」することなく「売る」ようにすべきかもしれません。

過去とは決別するのです。

再定義ですから、過去をぶっ潰して、新たな歩みを始める
そんな、大胆な発想と行動が「今」まさに求められています。

次回は「買い手よし」の観点から、再定義するポイントを解説します。

今日はこの辺で。。。。

「テレワーク時代の営業のススメ方」オンラインセミナーのお知らせ

※画像クリックで詳細ページに遷移します。

書籍のお知らせ

※画像クリックで詳細ページに遷移します。

公式ラインのお知らせ

ライン公式アカウントを開設しました。ここだけの営業ノウハウやブログのお知らせを発信していま すしています。ぜひ登録してください

友だち追加
PAGE TOP