営業ムダ取りノウハウ

ビジネスモデルの再定義のヒントは顧客にあり! – テレワーク時代の営業のススメ方

去る2020年6月16日に開催されました、第2回リモート営業カンファレンスでの講演内容のダイジェスト動画が完成しました。
当日、視聴されていない方、是非、ご覧ください。

動画はこちらからご覧ください。

自分で言うのもなんですが、結構いい話をしていると思います。笑

前回号で、
ピンチの今こそ、ビジネスモデルの再構築をして、営業を変革するべしとお話しましたが、そこについて、もうちょっと突っ込んで何度か説明することにします。

まず1つ目
ビジネスモデルを考える時、自社の視点で考えると少し偏ることがあります。
そこへもう1つ視点を加えてください。

顧客が自社に求めていることは何か?

そう、顧客視点を加えてみましょう。
思い切って、顧客視点を起点に考える方が良いかもしれません。

この考察をするとき、

顧客の定義を先にすべきです。

顧客と言っても、販売店、代理店、仕入先、実際の購買者、実際の消費者(利用者)など様々です。

オススメはそれぞれの顧客層で洗い出すことが大事です。

例えば、

・実際の消費者は自社に何を求めているか?
・販売店は自社に何を求めているか?
・仕入先はどうか?

という形で、ひとつひとつ整理していきます。

ま、ここまでは、どこでもやっている事です。

さらに、ピンチな状況の今ですから、この考察をおこなったあと、

・今後、実際の消費者の購買行動や情報収集行動はどう変わるか?

を考察してみましょう。
今の購買行動から変化するのは必須なので、そこを予測します。

・どこで情報収集をして
・どこで買うのか?
・その決め手は何か?

同じように販売店や代理店、仕入先なども考察しましょう。

そして、この変化を予測したとき、

最初に考察した、自社に求めることが変化するかどうか?
【ここがポイントです!!】

そうすると、今後、自社が市場で提供すべき価値が見えてきます。
つまり、自社の存在意義や事業領域が見えてきます。

未来志向で考察すること

この手順を自分や自社では組立られない、という方、是非ご相談下さい。
もしくは一度セミナーへお越しください。

今日はこの辺で

公式ラインのお知らせ

ライン公式アカウントを開設しました。ここだけの営業ノウハウやブログのお知らせを発信していま すしています。ぜひ登録してください

友だち追加
「テレワーク時代の営業のススメ方」オンラインセミナーのお知らせ

※画像クリックで詳細ページに遷移します。

「営業ムダトリ」オンラインセミナーのお知らせ

※画像クリックで詳細ページに遷移します。

書籍のお知らせ

※画像クリックで詳細ページに遷移します。

PAGE TOP