営業ムダ取りノウハウ

倫理の旅 その29

滋賀県草津市倫理法人会第9回オンライン経営者モーニングセミナーに参加しました。
講話の内容を私の記憶に留める意味を込めてブログ形式でアップさせて頂いております。

本日講話頂いた方は

滋賀県倫理法人会 副会長
株式会社クオリティライフ 代表取締役
能登 清文 様

でした。

テーマは

『苦難は幸福の門!』
~苦難はチャンス~

能登様には倫理法人会の運営で大変お世話になっています。
いつも鋭い視線で会全体の運営を広い視野で見ておられるという印象を持っていました。
今日は、大変貴重なお話を頂き、ありがとうございました。

『今日の気付き』
〇苦難に直面したら「客観的に観る」
そしてストーリーを描く!
〇苦難はそのものが善であり美である

お父様の死をきっかけに人生が転換していったお話をお聞きし、その中で倫理との関りがどれだけ重要だったかをお話頂きました。
人生はどんな事が起こるかわからないのですが、冷静に客観的に受け入れることの重要性をお話に中で会得させて頂きました。
ありがとうございました。

さて、今日の気付きです。

〇苦難に直面したら「客観的に観る」
そしてストーリーを描く!

緊急事態宣言が解除された今ですが、まだまだ経済活動は正常には戻りません。
今までもこれからも苦難な状況が訪れると想定しておくことが大事。
その苦難に直面したら、「客観的に観る」と今日のお話で教えて頂きました。
慌てふためき、冷静に受け入れることも難しい場面に遭遇することもありますが、常に心の中で「客観的に観ること」を意識しておくだけで、捉え方も変わると考えました。

そして、ストーリーを描く!
今、私が取組んでいる新事業の構想にも繋がるお話でした。
ストーリーを描くことで先の先まで考えてアクションしていける。
そんな気がします。

ありがとうございました。

〇苦難はそのものが善であり美である

万人幸福の栞 の14ページの「赤信号」の一節を能登様にご披露頂きました。
日ごろの唱和では読むことが無い一節でしたので、気付きをたくさん頂きました。

能登様は

①苦難には原因がある
②苦難には意味がある
③苦難、そのものが善であり美である

と解説頂きました。

これは至言です。

私は倫理を学習させて頂いて、①②くらいの思考ではいましたが、③の域までは到達していません。
そのものが善であり美であると考えることで何か新たな道筋が見えることに繋がるのではないか?そう考えました。

実際にそのように捉えることは難しいかもしれませんが、心に止めておいて、いざという時、その思考をしてみようと思います。

貴重かつ実践的なお話を頂き、能登様、ありがとうございました。

来週もオンラインで参加させて頂きます。

一期一会

公式ラインのお知らせ

ライン公式アカウントを開設しました。ここだけの営業ノウハウやブログのお知らせを発信していま すしています。ぜひ登録してください

友だち追加
「テレワーク時代の営業のススメ方」オンラインセミナーのお知らせ

※画像クリックで詳細ページに遷移します。

「営業ムダトリ」オンラインセミナーのお知らせ

※画像クリックで詳細ページに遷移します。

書籍のお知らせ

※画像クリックで詳細ページに遷移します。

PAGE TOP