営業ムダ取りノウハウ

倫理の旅 20回目 – 株式会社 まちおこし 代表取締役社長 西川 興 様

2月は新型コロナの件影響などを受けてドタバタが続き、
モーニングセミナーも2回の参加になってしまいました。

本日もお話を聴かせて頂き、勇気と情熱がモクモクと沸きあがっております。

今回は20回目です。

【今日の気付き】
・社会の課題解決をしながら、事業を拡大する
・SDGsは理念や想いを共有できる理解者をつくる千載一遇の機会である

2月25日(火)本日、講話頂いた方は

株式会社 まちおこし
代表取締役社長 西川 興 様

でした。
講話のタイトルは
「企業連携で共にブランドづくり」
~野洲のおっさんがおにぎり食堂を始めた理由~

西川様の息子さんとは同じ倫理法人会のメンバーとして活動をさせて頂き、いつも「元気」を頂いております。そのお父様の講話ということで、楽しみにしていました。

西川様は滋賀県民ならご存知の「野洲のおっさん」 の主宰者です。
野洲のおっさんの活動は某地元TV局でもご存知とは思いますが、琵琶湖の日(毎年7月1日)を子供達に広めるために活動されておられます。
その活動内容をお聞きするだけで、もう脱帽でした。すごい!
そして滋賀LOVEな私としても何かできないか?と考えました。

さらに、野洲のおっさんが「おにぎり食堂」を始めらています。
私も1度お伺いしたのですが、とっても美味しいおにぎりを頂きました。
おにぎり食堂

お米や素材も滋賀県産を多用されておられ、地産地消を実践されておられます。
ここは超オススメですので、皆さんも一度行ってみて下さい。

この食堂の2階には「こども食堂」があり、週に3回、子供たちが宿題などを持ち寄り学習する場所になっています。
単なる食堂ではなく、地域に貢献する場とされておられます。

これらの取組ですが、西川様の講話の中で、単に商品やブランドを発信しているだけではないことを知りました。
常に、同じ想いや理念を共有する同志や会社と連携し実現されておられるのです。

さて、
~今日の気付きについて~

・社会の課題解決をしながら、事業を拡大する

同じ想いや理念を共有するとき、社会の課題解決をテーマにすることが、これからの社会には必要だと教えて頂きました。
なるほど、合点が行きます。

金儲けや知名度を上げるという想いではなく、社会を良くする活動をミッションにすることが他者や他社と連携する場合には必要不可欠なんだと気付きました。
さらに社会の課題解決をミッションにすることで、SDGsの取組と位置付けとなり、連携がさらに深く強いものになることを教えて頂きました。

・SDGsは理念や想いを共有できる理解者をつくる千載一遇の機会である

SDGs(持続可能な開発目標)の17項目はみなさんもご存知だと思います。
西川様は30年後の地球環境を真剣に考え、今、何か必要なのか?を考えてアクションすべきとお話頂きました。
SDGsって、17のグローバル目標の何か1つ貢献したら良いと考えるのではなく、全体を捉えて取組むことが重要だとお話を頂きました。
そして、今、取組みを始めなければならない時期であり、逆に最大のチャンスでもあるんだと教えて頂きました。

SDGs、社会の課題解決、地域の活性化、これらをキーに連携することは、日本が置かれている現状を鑑みるととても重要な活動になると確信をしました。
私も、ひとりのコンサルタントとして、このような取組に何か貢献できることが無いか?検討したいと思います。

今日は多くの気付きを頂きました。
本当に、ありがとうございました。

今日の出会いに感謝です。

一期一会

次回は3月3日(火)となります。

また次週

【記事のシェアをお願いします。】
PAGE TOP