営業ムダ取りノウハウ

倫理の旅 18回目 – 法人レクチャラー 川島 基 様

先週はお休みでしたが、中1週でとてもいいお話を聴かせて頂きました。
ありがとうございました!

私のライフワークとして、滋賀県草津市倫理法人会に入会させて頂いており、
毎週火曜日に開催されます、モーニングセミナー
に参加しています。

毎回、多くの気付きがあり、一週間の【心】と【精神】の洗濯をさせて頂いております。

そこで、私のブログでも毎回の気付きを皆さんに公開させて頂きます。
こうすることで、自分の
振り返りと復習になり、かつ皆さんへのご紹介にもなると考えています。

今回は18回目です。

本題の前に少しだけ今日の朝の私の気持ちについて書かせて頂きます。

以前も少しご紹介したのですが、モーニングセミナーの更に前にモーニング朝礼を行います。(AM6時からです!!)
挨拶実習(礼の仕方や挨拶の発声練習)があるのですが、これで中一週の「少し弛んだ私の心が」⇒『目醒めました』

朝からデカイ声を出したりするのは、どうか?というお方もおられると思いますが、日ごろそんな機会が無い私にとっては、本当に心の洗濯の「効き目大」で行って頂きました。

どのように洗濯されるか?上手く説明できないので、興味のある方は参加してみて下さい。
是非、お待ちしております。

今日は朝礼後の私の体温は3℃上昇し、笑顔指数は20%アップでした。

さて、長くなりましたが本題です。

【今日の気付き】
・強い組織にするためには「個々の成長が大切」
・組織のTOPは「任せる勇気」と「責任を取る覚悟」が大事
・他人をサポートする人がサポートされる人になる!

1月28日(火)本日、講話頂いた方は

法人レクチャラーの
川島 基(もとい)様

でした。

川島様は小学校からスポーツ一筋で特に高校からバレーボールのTOPプレイヤーとして活躍されたそうです。
そして大学でも優秀な成績を残され、龍谷大学の女子バレーボールの指導者としてご活躍の方です。
関西リーグを8連覇されるなど、好成績を残すようになった背景に今回のテーマの「組織づくり」の苦労があったとお話頂きました。

さて、
~今日の気付きについて~

・強い組織にするためには「個々の成長が大切」

組織を強くするには、メンバー個々の人間力を高めることが重要だとお話を頂きました。
これはビジネスの組織でも同じですね。
人間性の向上を「職場の教養」の輪読を行いつつ実践されたエピソードをお話頂き、その結果
「善悪の尺度が統一され、組織のベクトルが合った」と。
会社組織の最終意思決定の判断は「善悪の判断」だと私は常に思っていたので、この言葉はズドンと来ました。
言い換えるなら「価値観の共有」ですよね。これ大切ですね。

・組織のTOPは「任せる勇気」と「責任を取る覚悟」が大事

スポーツは選手が競技を行うわけですから、バレーボールでもサッカーでも最後は選手に任せるしかないのです。
ベンチでギャーギャー言っても、やるのは選手だから、監督やコーチは「任せる勇気」が必要ですね。
そして、今までの練習の結果が試合で出るわけですから、「責任を取る覚悟」が当然必要です。
結果が出ない場合は、練習内容やコンディション作りのどこかに問題があったということですから、監督の責任であって選手の責任ではない。そう考えるチームが強くなる。私もそう思いました。

これらは会社組織も全く同じですよね。経営者が社員に任せる勇気と責任を取る覚悟がなければ、社員は真剣に
取組みません。当たり前の事かもしれませんが、再認識できた機会を頂き、ありがとうございました。

・他人をサポートする人がサポートされる人になる!

金言ですね。これは。ありがとうございます。
ちょっと最近忙しくなってきた自分が他人のサポートを疎かにしていたので、背筋が伸びました!
私の場合は、求めることなくサポートできるように人間力を高めている最中です。
仕事面ではまずまず出来ているとは思いますが、プライベートや参加している交流会などではちょっと中途半端になっている気がしています。再度、点検したいと思います。
振り返りの機会を頂いたことに感謝です。ありがとうございました。

組織論をスポーツチームの成長を絡めてお話頂き、同じスポーツの指導者として、感銘を受けました。
ありがとうございました。

今日の出会いに感謝です。

一期一会

次回は2月4日(火)となります。

また次週

【記事のシェアをお願いします。】
「テレワーク時代の営業のススメ方」オンラインセミナーのお知らせ

※画像クリックで詳細ページに遷移します。

「営業ムダトリ」オンラインセミナーのお知らせ

※画像クリックで詳細ページに遷移します。

PAGE TOP