営業ムダ取りノウハウ

倫理の旅 12回目 – ありがとう株式会社 内田 達雄 様

今年の6月から滋賀県草津市倫理法人会に入会させて頂いており、毎週火曜日に開催されます、モーニングセミナーに参加しています。

毎回、多くの気付きがあり、一週間の【心】と【精神】の洗濯をさせて頂いております。

そこで、私のブログでも毎回の気付きを皆さんに公開させて頂きます。こうすることで、自分の振り返りと復習になり、かつ皆さんへのご紹介にもなると考えています。

今回は12回目です。

【今日の気付き】
・3つの「ありがとう」を実践する
・感謝神経を磨く

12月3日(火)本日、講話頂いた方は
大阪市西倫理法人会 会員
ありがとう株式会社 代表取締役 
内田 達雄 様でした。

セミナーのタイトルは
~何があっても「ありがとう」~

講話の冒頭、ジョンレノンのイマジンとクリスマスソングを披露される芸達者な内田様。
しかし、講話の内容は全国各地の小学校でもお話される内容ということで、大変わかりやすく、
朝から「超!元気で笑顔」になれる講話でした。ありがとうございました。

~今日の気付きについて~

3つの「ありがとう」を実践する

①何かあったら「ありがとう!」
②何も無くても「ありがとう!」
③何があっても「ありがとう!」

内田様曰く、①が実践できている人はそこそこ多いようです。②を意識的に実践できている人は少なく③を実践できている人はごく稀だと。

①何かあったら「ありがとう!」 

こちらも意識しないとできないと思います。内田様の講話の中では、レストランでウェイターさんが食事を運んできてくれた時に「ありがとう」と言えているか?という例でした。後はバスを降りる時に運転手さんに「ありがとう」と言えているか?
意外にも「私」はこの両方が出来ていました。別に誰からも言われることもなく無意識で日々やっています。
でも、確かに周りの人たちで同じように感謝を伝えている人は少ないと気付いた次第です。

次に

②何も無くても「ありがとう!」

内田様の講話から「あたり前の中にありがとう、が隠れている」と教えて頂きました。
祖先に感謝する。親に感謝する。毎日の食事に感謝する。
あって、当たり前。居て当たり前。存在することが当たり前なコトですが、そこに隠れているのです。
これらに感謝する、そういう気持ちを毎日持ち続けることが大切であり、自分も実践すべきと強く思いました。

最後に

③何があっても「ありがとう!」

これは、【プラス受信】の事だと思いました。何かマイナスの事象が起こっても、他責にしたり、不平不満を言うのではなく、「ありがとう!」と考える。そして、笑顔で次に向かう。そういう姿勢と精神を維持することが大切だと感じました。
内田様曰く、これが出来ていくと周囲の人が認めてくれるし、支援もしてくれる。そうすると、一人で叶えられない夢も実現するんだ!と。これは至言です。

僭越ながら、自己評価させて頂くと、①は出来ていても②③は、まだまだです。
日々精進して周囲に影響を及ぼせる人物になるために、実践をしていきます。

感謝神経を磨く

3つの「ありがとう!」を実践していくと、マンネリ化してしまうようです。
マンネリ化した時にはその状況を「リマインド」すべきと内田様に教えて頂きました。
リマインド=3つの「ありがとう」を再度意識して実践することですね。
それを内田様は、反射神経を磨くをもじって、「感謝神経」を磨くと表現されました。
何でもどんなことでも条件感謝(反射)することだと。
これらを実践するという強い意識と訓練をすることが必要と感じました。

内田様の講話の最後は、「ありがとう!」を世界中に発信していき、地球まるごと「ゴキゲン」に「笑顔」にすることが出来る、それを実現したい!というお話がありました。
内田様の「志」(こころざし)、素晴らしいと思いました。

この志を少しでも実現に近づけるためにも、まずは「私」が、今日の学びを「実践」したいと思います。

ありがとうございました!

今日の出会いに感謝です。

一期一会

また来週。

公式ラインのお知らせ

ライン公式アカウントを開設しました。ここだけの営業ノウハウやブログのお知らせを発信していま すしています。ぜひ登録してください

友だち追加
「テレワーク時代の営業のススメ方」オンラインセミナーのお知らせ

※画像クリックで詳細ページに遷移します。

「営業ムダトリ」オンラインセミナーのお知らせ

※画像クリックで詳細ページに遷移します。

書籍のお知らせ

※画像クリックで詳細ページに遷移します。

PAGE TOP