営業ムダ取りノウハウ

倫理の旅 11回目 – オフィスライジング株式会社 朝日様

今年の6月から滋賀県草津市倫理法人会に入会させて頂いており、毎週火曜日に開催されます、モーニングセミナーに参加しています。

毎回、多くの気付きがあり、一週間の【心】と【精神】の洗濯をさせて頂いております。

そこで、私のブログでも毎回の気付きを皆さんに公開させて頂きます。こうすることで、自分の振り返りと復習になり、かつ皆さんへのご紹介にもなると考えています。

今回は11回目です。

【今日の気付き】
・自分自身を内観して手放す
・「先約優先」で自分軸の人生にする
・子孫によい引き継が出来るように、「心」を清め磨く

11月26日(火)本日、講話頂いた方は
大阪府倫理法人会 朝礼委員長 オフィスライジング株式会社
代表取締役 朝日 里佳 様でした。

セミナーのタイトルは
「全てに導かれて今がある」

司会業をメインに、話し方研修や様々なプロデュースをされておられる、朝日様。
とても話し方がお上手で、発声も見事で、朝からとても気持ちの良い講話を聴かせて頂きました。
内容もとても素晴らしく、感謝です。ありがとうございました。

~今日の気付きについて~

自分自身を内観して手放す

朝日様の実践の経験をお話頂いた中で、「変わる」とか「変える」と考えずに「概念を捨てる!」ことがとても重要だとお話頂きました。
自分で自分の内側をしっかり見つめ、「自分を捨てる」ことを意識的にやってみることが本当の倫理実践には必要なのだと教えて頂きました。
そうじゃないと、本質的な自分自身の変化にならないし、成長も無いんだと実感しました。

いきなり出来る事ではないとは思いますが、意識的に取組んでいきたいと思います。

「先約優先」で自分軸の人生にする

朝日様の倫理実践では、「先約優先」が基本だそうです。実践すると、自分中心に周囲が合わせて頂けるようになったと。
逆の後約優先だと、自分が振り回されることになるそうです。
先約優先で後のオファーはお断りしていると、「朝日さん、お忙しそうですね。いつなら空いておられますか?」と尋ねて
頂くようになったんだと。

要するに、「先に決めた事は必ずやる!」という姿勢を貫くことが倫理実践には必要不可欠だということと理解しました。
まだまだ、私も優柔不断な部分がありますので、先約優先を実践していきたいと思います。

子孫によい引き継が出来るように、「心」を清め磨く

仏教の教えについても講話中でお話を頂きました。
「あの世に持っていけない3つもの」はなんでしょうか?
答えは「お金」「徳」「罪」だそうです。
じゃ、この3つはどこへ行くのか?
そう【子孫に行く】のです。

特に「罪」を子孫が引き継ぐのは良くないですね。
だから、悪い部分を引き継がないように、毎週の倫理法人会のモーニングセミナーに参加して「心」を清め磨くことが必要なんだと、講話の最後に教えて頂きました。これは至言ですね。

私はモーニングセミナーの開始前の2分間の沈黙タイムで、一週間の振り返りをしています。
そして、改めるべき点を洗い出し、猛省し、今日からの活動に活かす、誓う時間にしています。
些細なことですが、毎週、この時間を大切にしたいと思います。

今日は本当に、良い気付き、ありがとうございました。
そして、実践します。

今日の出会いに感謝です。

一期一会

ありがとうございました

また来週。

【記事のシェアをお願いします。】
セミナー情報
働き方改革時代の「営業ムダとり」セミナー開催中です。 ※画像クリックで詳細ページに遷移します。 コンサルティングについてのご相談はお問い合わせページよりお問い合わせ下さい。
PAGE TOP