営業ムダ取りノウハウ

倫理の旅 その4

今年の6月下旬から、滋賀県草津市倫理法人会へ参加させて頂いています。

毎週火曜日にモーニングセミナーを開催しておられるので、こちらに参加をさせて頂いています。
気付きが多くあり、1週間の【心】と【精神】の洗濯をさせて頂いております。

そこで、私のブログでも毎回の気付きを皆さんに公開したいと思います。

文書化してブログで投稿することにより、自分の振り返りや学習になりますし、皆さんへの宣誓になると考えています。

今回は4回目です。

【今日の気付き】
・人を知ることは「自分を知ること」から始める
・自分が何に「仕えるか」は自分で決める

9月24日(火)のセミナー講演者は草津市市倫理法人会の
会員でおられる 野澤 卓央 様でした。

セミナーのタイトルは

「優しい気持ちがみらいをつくる」
~理解は愛の別名なり~

朝からとても心が優しくなるお話でした。
ありがとうございました。

野澤様はセミナー冒頭にお世話になった方々やご縁を頂いた方々を
紹介されておられました。これは中々できないことです。素晴らしいと感銘しました。

野澤様のお話から、
【自分の心の内側にあるもの】に目を向けて、それを自分で認識することの大切さを教えて頂きました。

その中から

人を知ることは「自分を知ること」から始める

人に興味を持ち、相手の事を知りたいと思った時、まずは「自分を知ること」
自分の内面にある「本心」を知ることが大切だと教えて頂きました。

夫婦
兄弟
親子
恋人同士
ビジネスのつながり

など、様々な面でこれが当てはまります。

そこには「理解」が必要で、自分への理解、そして相手への理解。
自分だけでもダメですし、相手へだけでもダメなんです。
それが相互に行きかうことで「愛」になるのだと、私は理解しました。

相手に何かしてあげたい、お役に立ちたいとき、自分の本心はどこにあるのか?
感情ではなく、本心はどこにあるのか?それを認識すると、相手に向かう姿勢や
方法が変化すると思います。

私も様々な場面で今日から実践したいと思います。

自分が何に「仕えるか」は自分で決める

自分の命を何に活かすのか?
そう問われたら、どう答えますか?

私は、野澤様にそう問われた気がしました。

世界、社会、国家のためだと言えるでしょうか?

そう、自分が何に「仕えるのか」は、自分でしか決められないのです。

自分
家族
チーム(会社)
社会
国家
世界
平和

下に来るほど高貴で難易度の高い仕え方になると思いますが、そう言えるように自分をもっと鍛えないといけないと痛感しました。

私はまだ、「社会」「国家」という段階です。
まだまだ、精進が必要ですね。
そう、気付きを頂きました。
このような気付きを頂けた野澤様、本当にありがとうございました。

今日の出会いに感謝です。

一期一会

ありがとうございました

また、来週

【記事のシェアをお願いします。】
セミナー情報
働き方改革時代の「営業ムダとり」セミナー開催中です。 ※画像クリックで詳細ページに遷移します。 コンサルティングについてのご相談はお問い合わせページよりお問い合わせ下さい。
PAGE TOP