営業ムダ取りノウハウ

生産性向上は【認識】することから 始めましょう。

今日も私のつぶやきに反応を頂き、
ありがとうございます。

今、働き方改革に伴い、
営業部門の効率化
生産性向上を実現すべく、
営業改革に着手される企業が
増えてきています。

私もたくさんの企業で営業生産性向上の
お手伝いをさせて頂いています。

最近の傾向は営業活動の効率化だけではなく、
営業部門の社内業務や会議の在り方など、
徹底的にムダと思われる事柄を排除
や削減していくケースが多いです。

単に働く時間を短縮するだけの改革ではなく
業務の効率を上げて、時短を実現するという
取組みです。

ただ、コンサルを受ける「当の本人たち」は
該当の活動や業務が
【ムダだと認識していない】ことが圧倒的に多いです。

なぜか?

・何も疑いもなく仕事をしている
・ムダをムダと思っていない
・昔からのやり方を正しいと思っている

ここが問題なんです。

ここに気付いてメスを入れる会社が生産性を高め、
成長する会社になっていくんだと思います。

働き方改革といって、生産性向上策を講じずに、
単に定時で退社させるだけの会社と
ムダに気づいて【ムダとり】を実践し生産性を向上させる会社とは、
近い将来、大きな差が出ることになると思います。

少しでもムダがあるんじゃないか?と思っている経営者
幹部の方、お気軽に相談をお待ちしております。
まずはセミナーに来て頂き、実践企業の事例をお聞き
頂くことをお薦めします。
http://seminer.mudatori.jp/

今日はこのあたりで。。

【記事のシェアをお願いします。】
セミナー情報
働き方改革時代の「営業ムダとり」セミナー開催中です。 ※画像クリックで詳細ページに遷移します。 コンサルティングについてのご相談はお問い合わせページよりお問い合わせ下さい。
PAGE TOP