営業ムダ取りノウハウ

営業マネジメントは農耕型がオススメ

昨日の『下町ロケット』ご覧になりましたか?
農業に目を向けるとはさすがですね。
まさに、Society5.0の話題に乗っかるストーリーで
時代の先読みが素晴らしいです。

ドラマをみていて、ふと思いついたのですが農家の
経営はまさに営業マネジメントと同じだと考えました。

収穫に向けて逆算して土壌整備をし、育苗、田植えと進め
害虫駆除や草刈りをして、ようやく収穫となる。
まさに、逆算して期日までにきっちりやることをやる。
それが徹底されていることが重要なのです。

営業マネジメントに当てはめると、
受注をするために、市場へ広告や宣伝を行い、見込み客を
獲得し、コツコツ情報収集をして価値訴求提案をする。
提案の反応を見てさらに提案をブラッシュ。そして受注と
なるわけです。
受注から逆算して何をすべきか?いつまでにすべきか?
それが組み立てられていることが重要です。

どちらとも、欲しい結果から逆算したプロセス設計がなされ、適切に管理
されていることが成功へのステップになる。まさに同じですね。

そして営業と農業ともに『外乱』が入ることも同じですね。
農業だと自然災害がつきもの。それに備えることも重要なことです。
営業も想定外のことが次々起こるものです。リスクヘッジをして
おくことも重要な経営の要諦です。

5.0になろうが、4.0であろうが、経営の要諦は
「欲しい結果から逆算するマネジメント」
「外乱にも動じないリスクマネジメント」
ということになりますね。

来週も楽しみに「下町ロケット」を観たいと思います。

今日はこの辺で。

【記事のシェアをお願いします。】
セミナー情報
働き方改革時代の「営業ムダとり」セミナー開催中です。 ※画像クリックで詳細ページに遷移します。 コンサルティングについてのご相談はお問い合わせページよりお問い合わせ下さい。
PAGE TOP