営業ムダ取りノウハウ

日報に対するコメントの持つ意味

営業マネージャー研修 ネタ披露 その3

更新が遅れまして、申し訳ございませんでした。

本日は飛行機の中で草稿しております。沖縄からの帰り便の中です。
沖縄にも弊社のクライアント企業様や検討中の企業様がたくさんおられます。
3ケ月に一度は訪問させて頂いております。沖縄は昨年より景気が良い様です。
どの企業様も昨対比で110%とか120%アップと仰ります。様々な要因がありますが、
外部環境によるものが大きいようです。ただ、どの経営者も「外部環境が良い間に
本当の意味での実力を付けないといけない」と真剣に考えておられます。

そういう企業を今後もご支援していきたいと思います。よろしくお願い申し上げます。

この出張の合間で来週に迫りました営業マネージャー研修の第2講のコメント実習の
内容を検討していました。
詳細は内緒ですが、大きなテーマだけピックアップしておきます。

・部下に日報を書かせるのだから、何らかのフィードバックを
入れるのがマネージャーの宿命
・部下は認められると、正しい行動を行うようになる
・日報に書かせる内容は①反応②推察③(次の)作戦
・部下の結果を改善したければ、行動を変える。
行動を変えたければ「考え」を正しい方向へ導く
・情意評価時に日報ブックマークを使って期間内のGOODとBADを振り返る

実習で使用する題材は受講者のみなさんから頂戴した実例を基に構成しています。
ご参加のみなさんと共に考える研修になるればと思っています。

【記事のシェアをお願いします。】
セミナー情報
働き方改革時代の「営業ムダとり」セミナー開催中です。 ※画像クリックで詳細ページに遷移します。 コンサルティングについてのご相談はお問い合わせページよりお問い合わせ下さい。
PAGE TOP